感動的なフェイシャルエステ
感動的なフェイシャルエステ
ホーム > 妊娠 > 妊娠中に吐き気が起こる原因

妊娠中に吐き気が起こる原因

私たちは妊娠中に吐き気を催すと「つわり」だと考えます。

 

妊婦の50~90%がつわりによる吐き気や嘔吐を経験していると言われており、一番顕著に現れる妊娠の初期症状だからです。

 

他には臭いに敏感になり、食べ物の臭いや生活臭、たばこなどの臭いに強い嫌悪感を感じることもあります。

 

他には食事の好みが変化したり、精神的に不安定になるなど様々な症状が現れる傾向にあります。

 

 

 

一般的には、早ければ4週頃からつわりが生じ、9週をピークに、14週頃までに症状が無くなるとされています。

 

しかし実際には、約13%の人が20週を超えてつわりが続くとも言われています。

 

 

 

ではこのつわりの原因は何なのでしょうか。

 

 

 

一説には、妊娠ホルモンなどが大量に分泌されて体のバランスが急激に変化するもののうまく調節できないためとも、体が胎盤の中にいる赤ちゃんへのアレルギー反応とも、急激な体の変化に自律神経混乱して失調するからとも言われていますが、はっきりとしたことは分かっていません。

 

 

 

つわりの程度も個人差があり、重度になると水分の摂取が困難になったり数日間何も食べられなくなるなど脱水や栄養失調になることもあります。

 

 

 

病気とは違うからと我慢する方もいますが、脱水や栄養失調は自身やお腹の赤ちゃんの命の危険につながりますので、日常生活を送れないほど辛いと感じた場合は、早急に病院で受診することが重要です。DHAは妊婦に効果あり